●北多摩西部消防少年団(東京都)
 
「命を守る着衣泳」を体験

  平成23年7月17日から18日まで、北多摩西部消防少年団では神奈川県相模原市の「このまさわキャンプ場」において夏季野外活動を実施しました。
 3月11日の東日本大震災後の活動であることから「自分の事は自分でする 自分の身は自分で守る」を一番の目的に掲げ活動しました。
 野外活動初日には、キャンプ場横の道志川で「着衣泳」を実施し、体験した団員からは「服を着たままでもこんなに浮いていられるんだ」「ペットボトルやボールが浮き具に役立った」「はじめての経験でとても勉強になった」等の声が聞かれ、有意義な体験をすることができました。
 また震災の経験や、被災者の気持ちを少しでも知ることを目的に、夕食で使用する皿にラップをかけて皿を洗わなくても済む工夫をしたり、寝袋を使って就寝する等、例年とは一味違う経験を積むことができました。
 大人の手をできるだけ借りずに、自分達の力で野外活動を成功させたためか、野外活動終了後の少年団員の顔は、少したくましく感じました。



 
 公益財団法人 日本消防協会 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2丁目9番16号 電話:03-3503-1481(代表)
  Copyright © 2008 Nissho all rights reserved.