下記4種のDVD動画をご紹介します。
バナーをクリックすると各DVD動画の詳細及び動画をご覧いただけます。


ヨーロッパ青少年消防オリンピック派遣事業
 

 ヨーロッパにおいては、成人の消防競技大会とともに青少年を対象とした消防競技大会が盛んです。財団法人日本消防協会及び財団法人日本防火協会では、今後のさらなる青少年消防組織の活性化につなげるべく、平成21年7月19日から26日にチェコ共和国(オストラバ市)で開催されたヨーロッパ青少年消防オリンピック大会に国内の4少年消防クラブを派遣し、その模様をDVDに収録しました。
 DVDをご覧いただくと、日本の子どもたちが国際交流を通じて活躍する様子から、少年消防クラブ活動をどう活性化させていくかのヒントを得ることができます。

このホームページでは、DVD「ヨーロッパ青少年消防オリンピック派遣事業」のダイジェスト版(約19分)がご覧いただけます。

   
少年消防クラブ実技指導マニュアル
 

 少年消防クラブ活性化推進会議(事務局:財団法人日本防火協会及び財団法人日本消防協会)では、芝少年消防少年団、東京消防庁芝消防署及び東京消防庁の協力の下、少年消防クラブ指導者がクラブ員等に対して行う実技指導時のポイントや留意点などを収録した「少年消防クラブ実技指導マニュアルDVD」をこのたび作成しました。
 本マニュアルは、全体で7章から成り、「第1章 指導者として」、「第2章 規律訓練」、「第3章 通報訓練」、「第4章 消火訓練」、「第5章 救急訓練」、「第6章 避難・救助訓練」、「第7章 実技応用科目」の各章で構成されております。
 少年消防クラブの指導者は単に消防に関する知識や技術を教えるだけではなく、人間としての成長を促し、将来立派な社会人として地域の防災リーダーとなりうる人材を育成するという、崇高な目標を持って取り組む素晴らしい活動です。
 全国の少年消防クラブ指導者の皆さんにこの実技指導マニュアルDVDを積極的に活用していただくことにより、クラブ活動の一層の充実と活性化が図られることを期待しています。

 

このホームページでは、DVD「少年消防クラブ実技指導マニュアル」のダイジェスト版(約7分)がご試聴いただけます。

   
   
ドイツの青少年消防隊
 

 少年消防クラブ活性化推進会議(事務局:財団法人日本防火協会及び財団法人日本消防協会)では、ドイツ消防協会及び東京消防庁の協力を得て、このたび、青少年消防の活動が盛んなドイツを現地調査し、その活動状況等を収録したDVD『ドイツの青少年消防隊』を制作しました。
 現地調査は、4月15日(木)から4月22日(木)までの8日間で行い、具体的には、ドイツ消防協会の協力で、ニーダ―ザクセン州グレーネ村(人口約1,500人)のグレーネ青少年消防隊、ハンブルク市(同約175万人)のローブリュク青少年消防隊、ベルリン市(同約340万人)のシュターケン青少年消防隊のそれぞれ特徴的な活動状況等をDVDに収録することができました。
 DVDをご覧いただくと、ドイツ青少年消防隊が、実践的な訓練を通じて消防活動の魅力を若い世代へ伝えるだけでなく、将来の消防活動の担い手として社会や地域への参加を促すという重要な役割を果たしていることがおわかりいただけると思います。
こうしたドイツでの取組みを参考にしながら、我が国の少年消防クラブ活動の一層の充実と活性化が図られることを期待するものです。

 

このホームページでは、DVD「ドイツの青少年消防隊」の全編(約20分)がご覧いただけます。

                      
  
   
宮城県気仙沼市立階上中学校の活動報告
 

 少年消防クラブ活性化推進会議では、平成24年2月11日(土)及び12日(日)の2日間、モデル少年消防クラブの指導者を対象に「少年消防クラブ指導者研修会」を東京都千代田区の都市センターホテルで開催しました。
 本研修会には、平成22年及び23年度に選定された全国のモデル少年消防クラブ指導者78名が参加しました。初日は東日本大震災被災地のモデル少年消防クラブの活動報告や少年消防クラブ員による訓練披露を行い、2日目は班別に分かれてクラブ活動に関する意見交換、情報交流を行いました。
 初日の活動報告では、モデル少年消防クラブでもある宮城県気仙沼市立階上中学校の先生及び生徒が東日本大震災での体験及び日頃の活動を報告しました。
 ここでは、階上中学校の報告の様子を映像でご覧いただけます。

 

 

 

 
 公益財団法人 日本消防協会 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2丁目9番16号 電話:03-3503-1481(代表)
  Copyright © 2008 Nissho all rights reserved.