別年度の事業

第17回結果報告-日本選手団の結果について

  <出場チームについては次の3つに区分されています。>

(1) 男女混合編成チーム(男子のみを含みます):39チーム

(2) 女子のみ編成チーム:8チーム

(3) ゲスト参加チーム(日本代表):2チーム(Japan1 及び Japan2)

 
競技

 

消防障害物競技
スポーツ競技(400m障害リレー)
 

○日本代表の成績

 

日本はゲスト参加チームのカテゴリーですが、得点を(1)男女混合編成チームのカテゴリーにあてはめますと、全41チーム中

  Japan2(東京都江戸川区及び長崎県壱岐市):29位
  Japan1(北海道札幌市及び徳島県阿波市):37位

に相当することとなります。
 強豪国であるルクセンブルクチームの特別指導も受け、実質数日間の練習で、1000点程度の高得点を記録。下位にはイギリス、オランダなどの代表も含まれており、日本の底力に各国から驚きの声があがりました。なお、1名が各国混成のインターナショナルチームに参加しました。

 

○上位入賞国

 

1位:チェコ共和国 2位:ロシア 3位:ドイツ

 

○国際交流

 

 交流イベントとして開催された国ごとの展示会において、折り紙の実演を行い日本ブースが大人気。また、国自慢大会のパフォーマンスでは阿波踊りを披露し、各国から称賛の嵐を浴びました。

 

○開会式の様子

 

日本選手団(選手宿舎前にて)
 

消防障害物競技
 

消防障害物競技
 

スポーツ競技(400m障害リレー)
 

スポーツ競技(400m障害リレー)
 

国別展示での様子
 

国自慢にて阿波踊りを披露
 

○閉会式の様子

 

退場行進

 

○派遣選手団

チーム名 所在地 クラブ名称 引率指導者
(敬称略)
クラブ運営の特色及び派遣クラブ員構成
Japan1

北海道
札幌市

富丘少年
消防クラブ
小林 環

地域一体となった防火・防災活動に積極的に取組み、将来の防災リーダーとなる人材育成の指導を実施しています。
<内訳>中学2年:(男 1・女 2)
      中学3年:(女 1)
      高校1年:(女 1)

徳島県
阿波市

土成中学校
少年少女消防隊

鈴田 真二

 地元消防団とともに実災害を想定した学校での訓練を実施。
地元消防団員の多くが、この消防隊出身者です。

<内訳>中学2年:(男 5)
Japan2

 

東京都
江戸川区

小岩消防
少年団
野崎 隆洋

規律訓練、通報訓練等の各種訓練を実施。社会奉仕活動において、老人ホーム訪問などを実施し、応急訓練等も披露しています。
<内訳>中学3年:(男 3)
      高校1年:(男 2)

長崎県
壱岐市

山崎少年
消防クラブ
江口 弘道

昭和10年から活動を続けており、現在週4回、火災予防広報の夜警活動を実施。地域住民からも信頼され、心強い活動となっています。
(平成20年度は、延べ208回実施)
<内訳>中学1年:(男 3)
      中学2年:(男 2)

 

トップへ戻る

 
 公益財団法人 日本消防協会 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2丁目9番16号 電話:03-3503-1481(代表)
  Copyright © 2008 Nissho all rights reserved.