第40回消防団幹部特別研修結果について

 平成26年1月14日(火)から17日(金)までの4日間、日本消防会館において、各都道府県の消防団長及び副団長の中から推薦された47名が出席し、「第40回消防団幹部特別研修」を開催しました。
  開講式では、秋本会長、大石消防庁長官の挨拶をいただき石川県穴水町消防団吉村団長が宣誓を行いました。研修では、当協会秋本会長の「講話」、消防庁危機管理センターで行った「消防行政」「防災対策」の講義のなかで、平成25年12月の臨時国会で制定された「消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律」についても学びました。また「消防団実務」「火災防ぎょ」「惨事ストレス対策」、東日本大震災の経験に基づく、「消防団活動事例」や災害対応能力の向上と活性化を図るための「災害情報」、図上訓練の実施方法等を紹介した「危機管理」など、様々な内容の講義を実施しました。
 視察研修としては、「東京消防庁第六方面消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー)」を訪れ、今後重要となってくる消防団の幅広い活動の一部である救助活動に関する資機材の説明を受け、最後に救助資機材と重機等を使用した訓練を見学しました。
  また、6班に分かれて実施した課題研究討議では、消防団の活動状況や直面している諸問題について活発な議論が交わされ、最終日には班ごとの討議内容について発表を行いました。
 3泊4日の研修を通じ地域を越えた交流が図られました。 (研修日程


【課題研究討議のテーマ】
  • 地域のニーズに応える新たな消防団活動の展開について(1班)
  • サラリーマン団員の増加に伴う効果的な活動方策について(2班・3班)
  • 消防団の確保対策について(4班・5班)
  • 大規模災害時における消防団活動について(6班)

 吉村総代による「宣誓」



開講式後の集合写真

課題研究討議の様子


中村副総代による研修修了証
及び終了記章の授与
 
 公益財団法人 日本消防協会 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2丁目9番16号 電話:03-3503-1481(代表)
  Copyright © 2008 Nissho all rights reserved.