●川沿少年消防クラブ(北海道)
 
「活動服で訓練開始!防災の体験学習もしました!」

 「かっこいい!」
 平成22年8月18日(水)札幌市南消防署川沿出張所において、支給されたモデル少年消防クラブの活動服に袖を通しました。 クラブ員は、緊張しながらも全員が目を輝かし「頑張るぞ」と口々に話し、着用後、早速リーダーの指揮号令のもと、「整列!・敬礼!」と元気よく規律訓練を実施。結索訓練では、活動服も凛々しく、クラブ員同士助け合い、励まし合いながら真剣に訓練に取り組み、クラブ員全員がひとつにまとまる心の大切さが養われ、一層逞しくみえました。
 そして、クラブ員は気持ちを新たに「モデルクラブ」になったことに誇りと自信を強くもち、力強く活動していきたいと心に誓いあいました。
 また、8月21日(土)には、千歳市防災学習センター『そなえーる』に体験学習に行きました。同センターは、いろいろな災害の疑似体験をしながら防災に関する知識、行動を学ぶ施設で、体験学習(研修)では、実際に起きた大地震の震度を体験し、先の見えない煙道避難、救助袋での降下避難、ディスプレイに表示される緊急事態のアニメーションを見ながらの通報訓練などを体験し、最後に不注意から発生する油による火災実験を見学しました。油を加熱し自然発火する行程を見学し、担当者から特に油を使っての調理の時は、電話・来客で鍋から離れる時は「ちょっと」と思っていても必ず火を消してから離れることなどを学習し、クラブ員は皆、貴重な体験ができたととても喜んでいました。
 今後もクラブ員の意見などを取り入れ、準指導員(中学生)を中心とし、指導員のサポート、後輩である小学生のクラブ員に、クラブ活動で習得した知識・技術などを教え活性化を図り、クラブ員の士気向上に努めたいと思うところです。 地域においても、火災予防街頭啓発などを行い、地域の火災予防のために活動していきたいと考えております。

【訓練写真】






 
 公益財団法人 日本消防協会 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2丁目9番16号 電話:03-3503-1481(代表)
  Copyright © 2008 Nissho all rights reserved.